美髪を育てる正しいシャンプーの仕方とは


あなたは毎日、ただ何となく髪の毛を洗っていませんか?
汗やかゆみ、スプレーやヘアワックスなどの整髪料さえ落ちればいいや!と思っていませんか?
それは大きな誤解です。
毎日のシャンプーの仕方しだいで、あなたの髪が老化することもありますし、反対に若々しい美髪を手に入れることさえも可能なのです。
今回は美しい髪を手に入れるためのシャンプーの方法についてご紹介しましょう。

 

熱湯はだめ!

熱湯でシャンプーしたほうが、汚れが落ちてさっぱりするような気がしませんか?でもこの熱湯でのシャンプーは髪にとってよくないことなのです。
髪のためには38度くらいの体温に近いぬるめのお湯を使ってシャンプーすることをおすすめします。
あまりに熱いお湯だと、髪のキューティクルが立ち上がってしまい、髪が膨張してしまいますよ。
お湯にも注意が必要ですが、シャワーの圧もあまり強いものですと地肌にも刺激がありすぎてしまいます。
ぬるめのお湯でやさしい水圧で洗ってあげることが一番なのです。

 

シャンプーする前に髪を丁寧に濡らそう

シャンプーをする前に、髪を濡らすことはきっとあなたもしていると思います。でもこれはただジャージャーと濡らして、髪からお湯が滴っているような状態を作れば良いのではありません。
丁寧に髪全体が水分を吸うように手で丁寧にもみこむようにしていきます。

 

シャンプーをつけるのは頭皮に

シャンプーで洗うべきなのは、実は髪というより頭皮です。頭皮から健康な髪が生まれてくるわけですから、その毛穴のつまりや汚れを残してしまうと、そのあとにはえてくる髪の毛の健全な育成をさまたげることになってしまうのです。
ですからしっかり洗うのは頭皮と覚えておきましょう。
爪をたてたりせず、頭皮や毛穴を傷つけないように丁寧に洗っていきましょう。毛先ももちろん整髪料やほこり、汗などで汚れてはいますから、洗うべきですが、それほどごしごし洗う必要はありません。軽く手についたシャンプーの泡をすべらせてあげる程度で充分です。

 

 

シャンプーを終えたら

頭皮にハルシャンプーの成分が残らないように丁寧にすすぎます。きれいになったら一度水分を軽くしぼり、リンスをつけましょう。
リンスは髪にうるおいを与えるものですし、なめらかになるものですからつけておいたほうが良いですが、リンスはたっぷりつければよいというものではありません。
適量をつけて、きれいに流しましょう。
リンスを流し終えたら、まずはタオルドライです。ごしごしと髪をこすると傷みの原因になります。あくまでタオルで水分を吸い取るようなイメージで髪を押さえつけるようにしてふいていきます。
ある程度水分をふいたら、ドライヤーでしっかり根元から乾かしていきましょう。
このとき、髪にやさしいドライヤーを選ぶと、やわらかく、美しい髪がしあがります。

 

いかがでしたでしょうか。
日々の忙しさに終われ、適当にシャンプーを済ませてしまっていると何年後かのあなたの髪に必ず影響がでてきます。
高いシャンプーを使う必要はありませんが、毎日丁寧に正しいシャンプーをするように心がけたいものですね。

更新履歴